【雑談】ChatGPTと共に探る:FF14を最適に楽しむPC構成ガイド

ニュース

いま流行りの ChatGPT4 に FF14 をやるための PC 構成を相談したらどうなるだろうと思い立ち、ChatGPT4を活用してFF14の最適なPC構成を探求してみました。

FF14をやりたいんです!(構成の相談)

EOMANIA
EOMANIA

ff14をやりたいんです。どのようなPC構成が良いでしょうか?

ChatGPT4
ChatGPT4

FF14(ファイナルファンタジーXIV)を快適にプレイするためのPC構成をお探しですね。FF14はMMORPGであり、ゲーム体験を最大限に楽しむためには、適切なスペックのPCが必要です。まず、FF14をプレイする目的(たとえば、高解像度でのプレイ、ストリーミング、または長時間のゲームプレイなど)や、ご予算の範囲を教えていただけますか?また、AMD系とIntel系のどちらのプラットフォームに興味があるかも合わせて教えてください。これにより、より具体的な提案を行うことができます。

EOMANIA
EOMANIA

8万円ぐらいでどうでしょうか。目的は快適に遊ぶことです。

ChatGPT4
ChatGPT4

8万円程度の予算でFF14を快適に遊ぶためのPCを組む場合、コストパフォーマンスに優れたパーツ選びが重要になります。目的が「遊びたいだけ」であり、特に高解像度や最高設定でのプレイを求めていない場合、バランスの取れたミドルレンジの構成を提案します。AMDとIntelの両方から構成例を挙げてみます。

AMD系構成

  • CPU: AMD Ryzen 5 5600G
  • 統合グラフィックス(Vega)を搭載しているため、予算が限られている場合にグラフィックカードが不要になります。ただし、将来的にグラフィックカードを追加することで性能を向上させることが可能です。
  • 概算価格: 約20,000円
  • マザーボード: B450またはB550チップセット搭載のATXまたはMicro ATXマザーボード
  • 概算価格: 約10,000円
  • メモリ: 16GB (8GB×2) DDR4
  • 概算価格: 約8,000円
  • ストレージ: 500GB SSD
  • 概算価格: 約7,000円
  • ケース: スタンダードなATXケース
  • 概算価格: 約5,000円
  • 電源ユニット: 500Wの80 PLUS認証電源
  • 概算価格: 約6,000円

Intel系構成

  • CPU: Intel Core i5-11400または11500
  • 統合グラフィックス(Intel UHD Graphics 730)を搭載していますが、性能はRyzen 5 5600GのVegaには劣ります。将来的にグラフィックカードの追加が推奨されます。
  • 概算価格: 約20,000円
  • マザーボード: H510またはB560チップセット搭載のATXまたはMicro ATXマザーボード
  • 概算価格: 約10,000円
  • メモリ: 同上
  • ストレージ: 同上
  • ケース: 同上
  • 電源ユニット: 同上

概算合計価格

  • AMD系構成およびIntel系構成で、約56,000円~60,000円程度になります。予算内で余裕がある場合は、将来的にグラフィックカードを追加することでさらなる性能向上が見込めます。

これらの構成はFF14を快適に遊ぶための基本的な指針ですが、実際の価格は市場状況によって変動するため、購入時には最新の情報を確認してください。また、パーツの互換性も重要なので、購入前には各パーツが互換性があるかどうかも確認してください。

結構丁寧でしっかりした答えてがもらえました。ただ、どうしても細かな値段はわからないようなので、大体の概算しか教えてもらえませんでした。そこで、価格ドットコムのプラグインを備えた別のChatGPT4に相談してみました。

最安値を教えてください(実勢価格調査の相談)

EOMANIA
EOMANIA

以下の構成の最安値を教えてください!
CPU: AMD Ryzen 5 5600G
マザーボード: B450またはB550チップセット搭載のATXまたはMicro ATXマザーボード
メモリ: 16GB (8GB×2) DDR4
ストレージ: 500GB SSD
ケース: スタンダードなATXケース
電源ユニット: 500Wの80 PLUS認証電源

ChatGPT4 <br>その2
ChatGPT4
その2

以下は、指定された構成の最安値の概要です:

  1. CPU (AMD Ryzen 5 5600G): 16,580円 – 商品ページ
  2. マザーボード (B450 ATX): 20,790円 – 商品ページ
  • または マザーボード (B550 Micro ATX): 11,480円 – 商品ページ
  1. メモリ (16GB (8GB×2) DDR4): 3,880円 – 商品ページ
  2. ストレージ (500GB SSD): 6,856円 – 商品ページ
  3. ケース (スタンダードなATXケース): 4,980円 – 商品ページ
  4. 電源ユニット (500Wの80 PLUS認証電源): 5,976円 – 商品ページ

マザーボードについては、B450 ATXとB550 Micro ATXの2つのオプションがあります。最安値の構成を目指す場合、B550 Micro ATXマザーボードを選択すると全体のコストを抑えられます。

これらの価格は変動する可能性があるため、最新の情報を確認するためには各商品ページをご覧ください。

EOMANIA
EOMANIA

総額はいくらですか?

ChatGPT4<br>その2
ChatGPT4
その2

指定された構成の最安値の総額を計算します。最安値のマザーボード(B550 Micro ATX)を選択した場合の総額は以下の通りです:

  • CPU (AMD Ryzen 5 5600G): 16,580円
  • マザーボード (B550 Micro ATX): 11,480円
  • メモリ (16GB (8GB×2) DDR4): 3,880円
  • ストレージ (500GB SSD): 6,856円
  • ケース (スタンダードなATXケース): 4,980円
  • 電源ユニット (500Wの80 PLUS認証電源): 5,976円

総額 = 16,580円 + 11,480円 + 3,880円 + 6,856円 + 4,980円 + 5,976円 = 49,752円

したがって、最安値の構成の総額は49,752円となります。これは価格が変動する可能性があるため、購入時には最新の価格を確認することをお勧めします。

こんな感じに答えてくれました!予算8万円で相談したところ、そこそこいい組み合わせを選択したうえで、最安値5万以下の回答をもらえて大満足でした。実際にちゃんと動く構成なのかは、自分で調べなければならないところもあるとは思うんですが、指針になる回答としては、具体的な型番や商品リンクなどもあるので満点じゃないでしょうか。最高スペックではなく安く遊べる構成なので、人によっては役に立つのではないかと思います。もしこの情報が役立ったら、ぜひ実際に構成する際の参考情報としてみてください。

次回予告

次回、黄金のレガシーの推奨構成は違った?! 新たな構成とは!お楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました